忍者ブログ
今となっては過去の記録です。更新終了
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前は考えもしなかったことだが、

最近は「1人で生きていける」人間になりたいと考えていた。

寂しさを感じない強い精神をもちたい。という心理的背景があったのかもしれない。

しかし、雪山の孤独の中でふと思った。

1人で生きていけることは、精神の成長を意味してないのではないか。

むしろ、周囲の仲間を軽視するような、おごり高ぶった良くない考え方なのではないか、と。


では真の強い精神とはなにか。

それは周囲の人々を心から思いやり、共に生きていくことができる。ということなのではないだろうか。

「心から思いやる」とは、たぶん相手のことを第一に考えること意味するのだと思う。


・・・僕に果たしてそんなことがきるだろうか。

人からは「優しい」と言ってもらえたりするが、それはおそらく僕が八方美人だからである。

相手に優しくするのは、相手に嫌われてたくない、という下心があるからだ。

それは相手を思いやっているのではなくて、自分を可愛がっているだけ、自分を守っているだけだ。


だから今、僕は相手のことを第一に考えることのできる人間になりたい。

そう、ふと思った。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
新春のお喜びを申し上げます
年末年始は慌しかったようですね。お疲れ様です。
小生も自分の生きる道は自分自身が決めるのだからと思い一人で突っ走っておりました。
そんな矢先、ある本と出合いまして考えさせられました。
『非属の才能』という新書です。
群れていては才能は開花しない。というようなことが大まかな要旨ですが、この本を読んで気付かされたことがあります。
確かに、織田信長・ガリレオ・エジソン・コペルニクス・尾崎豊・イチロー・みうらじゅんなどなど、特異な才能を持ち、新たなことにチャレンジし、そして周りから奇人変人(または天才)といわれ続けてきた人たちは、普通の群れに属さなかったからこそアイディアマンとして称えられてきたのです。
しかし、それだけでは周りの普通人は振り回されっぱなしの損な役目を負わされ、次第に変人たちから離れていく。そうなりますよね。
けど、みうらじゅん(我が尊敬する人物ですが)やイチローは憧れの的である。これは彼らが聞き上手だからと、いうようなことが書かれておりました。
人の話をきちんと聞いて、取り入れられる所は素直に取り入れる。大まかに言うとそこが、好かれる変人と嫌われる変人の違いであるというようなことが書かれておりました。

小生自身も気持ちを新たに「自分の判断が常に正しいとは限らないことを自分の中で常に思っていなければならない」ということを念頭に置いて今年一年やっていこうと思っていたところです。

長々失礼しました。『非属の才能』山田玲司著。お勧めです。
河童 2008/01/03(Thu)18:03:08 編集
もう一月も末で恐縮です。
コメントありがとうございます!

せっかくのお言葉をいただいたのに返信が遅くなってすみません。

自分自身の判断を省みること。・・・この言葉は目からウロコが落ちました。

自我を超えた知覚に敏感になろうと、最近は直感による判断を大事にしていたのですが、時にスルズルと顕在意識によって思考が内向していくことがあるのでは・・・と考えさせられました。

本当にいいお言葉をいただき、感謝しております。

『非属の才能』。早速アマゾンで検索したいと思います。

本当にありがとうございました!
【2008/01/30 11:03】
寿げ!2008!
なんか、アレだよね、難しいよね人間関係って。
サウザーも言われてました。『愛深き故に、愛を捨てた』と…。
ゲイブ・サポータも言ってました。『人を信じないようにしている。裏切られたときに傷つかないようにね』と…。
この、嘘つきと言う名の上っ面人間ばかりが蔓延る日本で、上手に人間関係を築くにはどうしたら良いのか、ボクチン今だ分かりません。
嘘をつかずにうまく生きていくにはどうしたら良いのでしょうか?
ボクにスピリチュアルメッセージを下さいああと明けましておめでとう!
ポルターガイ介 2008/01/03(Thu)21:19:14 編集
年始ではなくなってしまいましたが
コメントありがとう!そして返信が遅くなってしまって申し訳ない・・・。

なるほど、ガイ介さんの言うとおり、正しい人間関係というものは、どんなものか実際はわからない。むしろ「絶対的」な正しさというものは存在しないのかもしれない。と思いました。

わからないことに対して、あーだこーだ人間が考えるのはおこがましい。・・・というのはネイティブアメリカンの言葉だったと思いますが、あんまり悟った気になるのはよくないですね。


もっと素直になることが大事なのかもしれない。

そういう意味で、自分のなかの既成概念もリセット可能なんではないか、たとえば「嘘」も、広い視野で捉えればネガティブな要素だけでなく、ポジティブなものとして扱えるようになるとか・・・。

何が言いたいかよくわかんなくなってしまいましたが、自分って捨てたもんじゃないかも、と考えることができました。

本当にコメントありがとうございました!
【2008/01/25 21:57】
正直に言っちゃいます☆
最初、こういう内面世界は非公開設定とかにしておけよ気持ち悪って思った僕は最低ですねっ☆

スピリチュアル実践の記録は、精神活動という、もろ主観な(それも特異な)内容をさも客観であるように取り扱うから面白いんだけど、何か、処世術の域とかになっちゃうと、内向してるネトアのホムペみたいで気持ち悪いって思っちゃった☆ゴメン♪
まあ、あれでしょ、こっから面白くしてくれるんでしょ?(ハードル↑)
Sedi-A 2008/01/03(Thu)21:52:27 編集
正直に返信しちゃいます☆
コメントありがとうございます。

角が立たないように☆や♪のご配慮いただき恐縮です(汗)

なかなか手厳しいご意見ですね(笑)

しかし、これは逆に貴重なご意見であると考え直しました。

まったくもっておっしゃるとおりです。

今回は情報の発信者として、自分の文章に対する責任というのを再認識させられました。

自分としてはネガティブな文を書いてやろう。とかの意図はなかったのですが、受け手にとっては害のあるネガティブオーラを感じたのかもしれない。と考えると非常に申し訳ないです。

普段から、なるべく気持ち悪いネガティブオーラをもった文章を書かないようにと考えて自分としては「うわぁ、やっちまった・・・」と思いました。

結果として一時的にブログからフェードアウトしてしまいましたが、これからは内面を外に出す際は、厳重な検閲をもって臨んでいきたいと考えております。

貴重なお言葉を本当にありがとうございます。

普通だったらナカナカいえないことですし、投稿の決断に感謝しております。

こんな僕ですがこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、「返信 おそくなって ごめんなさい」
m(_ _)m
【2008/01/25 22:26】
無題
明けましたね、おめでとう。
強さって何か、大学に入ってからよく考えるようになって、未だ答えは出ていないけれど、強さというものは弱さと背中合わせなのかもしれません。

八方美人だったとしても、ヤマザキの優しさは響きますよ。
2008/01/03(Thu)22:42:33 編集
本当に遅くなっちゃってごめんなさい!
コメントありがとう。

自分は、ちょっと背伸びをしすぎたのかもしれないです。

でも同時に自分も捨てたもんじゃない。って思えました。

素敵な言葉をかけてくれて、本当にありがとう。
【2008/02/02 00:24】
無題
たとえ八方美人な優しさでも、その優しさに救われてる人もいるのでは?
私はあまり人に優しくできないほうなので、ヤマザキさんすごいと思いますよ。
Haru 2008/01/03(Thu)23:07:22 編集
コメントありがとうございます。
なんだか、とても返信が遅くなってしまって本当に恐縮です。

そう言ってもらえて安心しました。

むしろ自分がHaruさんの言葉に救われましたよ(^^)

コメント本当にありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
【2008/02/02 00:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
info
今となっては過去の記録ブログです。
search this site
検索エンジンからお越しになった方はコチラでキーワード検索をされるといいかと思われます。
recent comments
colender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QR code
sponsor
powered by
忍者ブログ [PR]