忍者ブログ
今となっては過去の記録です。更新終了
[214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は院の「環境情報学特論」が朝から夕方まであった。

講師は東京農工大学大学院教授 亀山章 先生

何でもニコニコと話す、ほんとうに好きでたまらないことを楽しんでやっているって感じの素敵なお方。

高速道路建設で造成した土手法面の植生の多様化の研究とか、もうタモリ倶楽部的な世界に住んでらっしゃるようだ。

講義では途中、大学の校庭に出て植生のレクチャーも。

ランドスケープデザインや造園、建築のコースがあるので、広く植生豊かな校庭が特徴の我が大学。

先生いわく、昔ここは河川敷だったので地下水脈が地表に近く、木の根が呼吸しずらくて樹木育成には不向きなんだという。

確かに、背が低くて元気のない樹木が多い。

開学から15年経っているが、おそらく設計時点の植生プランのイメージにはまだ及んでいないのではないだろうか。

僕も具合が悪かったので、思わず木に対して「お互い大変だなぁ」と同情してしまった。

せっかくなので、木に抱きついてエネルギーの交換を実践。

うーん、抱きしめるとぬくもりを感じますね。

なんだか愛しく思えてしまう。

レクチャーの移動中、何本も気に抱きついておりました。(←アホ)

木も自分も元気になることを祈った講義でした。

(ってかまじめに講義をうけなさい)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
わたしも抱きついてみようかな…
まにゃ 2008/06/20(Fri)20:35:07 編集
うんうん
意外といいものよ!

木ってやさしい感じがします。

けっこう木に抱き着いたりするセラピーもあるとかないとか。

我らが上山学長も「ランドスケープデザインするなら現場の木に抱き着いて会話しなさーい。」とおっしゃてるし(^^)

せっかくだからkerunさんのコメント(↓)にあるスポットに一緒に行ってみますか☆??
【2008/06/21 11:25】
樹齢1200年
こんばんは。木に抱きつくといえば、三島地域の大杉に行ったことありますか?
近くだから、あるかな~。
行ったことなかったら、お勧めスポットで
ございます。
kerun URL 2008/06/20(Fri)23:42:10 編集
なんと!
こんな近くに樹齢1200年の木があるなんて知りませんでした!

いやぁ、ナイス情報ありがとうございますっm(_ _)m

修士の中間発表が終わったら早速行ってみたいと思います!
【2008/06/21 11:28】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
info
今となっては過去の記録ブログです。
search this site
検索エンジンからお越しになった方はコチラでキーワード検索をされるといいかと思われます。
recent comments
colender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QR code
sponsor
powered by
忍者ブログ [PR]