忍者ブログ
今となっては過去の記録です。更新終了
[204]  [203]  [202]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだか、最近はアチューメントを通してスピリチュアリティの普及を行ってる気がする。

最初の頃は、それほどがんばって他の人にアチューメントを行おうと思ってもいなかったのだが、この短期間に7人も伝授できたのかと思うとなんだか不思議な感じがする。

そもそもアチューメントをすることになった経緯が、妙な偶然が重なったり、今までにない交友関係から頼まれたりと、振り返ると一種の必然性を感じてしまう。

スピリチュアルに関しての潜在的なニーズが高まってきているということだろうか?それとも…。


そしてまた最近、妙な感覚に襲われたのを思い出す。

一部で2012年に起こると言われている人類の意識の大転換についてのことだ。

最初それを知ったときは、「もし2012年に何かあったら、おもしろいなぁ。もし起こるのなら、この時代に生まれたのはラッキーだったかも。」程度のことしか考えてなかった。

だが、最近ふと「いよいよ2012年が近づいているな…」と思った時

『ここまでくるのに長い年月がかかった。…しかし、やっとそれも報われる※1』

という感覚に襲われたのだ。

もちろん、この「長い年月」とは、僕の今生である、わずか23年間を表現するニュアンスではない。

単なる陶酔かなにかかもしれないが、この感覚に胸を打たれるような、妙な感動を覚えたのは事実である。

自分自身の、地球における数多あったであろう輪廻に思いをはせてしまう。

そして宇宙への帰還できる日のことを思うと、なんともいえない安堵感を感じるのだ。


こんな感覚も、いよいよ地球生命圏からの卒業が間近ということなのだろうか?

現在、各方面で2012年を意識してか、本などの出版や何らかの活動が頻繁に行われているようだ。

自分自身の活動も、その潜在的な巨大プロジェクトの一部に組み込まれているのだろうか。

だったら身近に起こる様々な偶然にも説明がつく。


しかし、ここでふと『百億の昼と千億の夜※2』のセリフを想起する。

「もしも、すべてが嘘だったら!」

「神は人類を愛してなどいない!」

「この宇宙の崩壊も奴らの計画の一部だ!」


…その真偽を確かめるには。

本を読んだり、人から話を聞く、ということ以上に

自分自身でしっかりと実体験を積み重ねることが大事なのかもしれない…。

ブルース・リーも言ってるではないか


”Don’t think! Feel.”







―――と、今回はかなりいっちゃってる思い付き発言となりました。


※1:文章として書いたが、このようなことをなんとなく直感した。

※2:僕が読んだのは光瀬龍の小説ではなく、萩尾望都が漫画にしたものだ。師のオススメだった。
(わからない方はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%84%84%E3%81%AE%E6%98%BC%E3%81%A8%E5%8D%83%E5%84%84%E3%81%AE%E5%A4%9Cを参照されたし)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
その節はお世話になりました。

(*´Ξ`*)むふ。
まにゃ 2008/06/03(Tue)15:27:52 編集
いえいえ
こちらこそイロイロ勉強になりますた。

ありがとう。

むふん("8")
【2008/06/17 12:49】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
info
今となっては過去の記録ブログです。
search this site
検索エンジンからお越しになった方はコチラでキーワード検索をされるといいかと思われます。
recent comments
colender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
QR code
sponsor
powered by
忍者ブログ [PR]